忍者ブログ
愛するものがいない寂しい人間の日記。
[339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [329]  [327]  [326]  [324]  [323]  [322
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日の書き込みは、自分への戒めというか。
罰というか…。
まぁなんにせよ楽しい話じゃないので、隠します。
それでも読みたかったらクリックして読んでください。

昨日、一昨日と親からめっちゃ説教をくらいまして…。
昨日も半日くらいずっと泣いてて、朝起きたらすんげー腫れてて。
さらに、自己嫌悪に陥りました。
なんていうか、“親”を“他人”と思ってるところがあって。
で、頼ってはいけない、迷惑をかけちゃいけないと思ってたんですよ。
つーか、今でも思ってますけど…。
その行動が、いつも裏目に出て多大な迷惑というかコトになるわけですよ。
毎回それで怒られてるんですが、やっぱり言えないんですよね。
“助けて”の一言が。
仕事にしても、ただ“お願いしてもいいですか?”とか“手伝って”とか。
言えない、自分で全部どうにかしようとしちゃって結局、怒られる。
たまに、前やってたことを忘れてしまう事もあるけど…。
信用してないわけじゃないんだよ、むしろ、私がやるより誰かがやったほうがいい。
くらい、思ってる。
私が一番信用してないのは“自分”なんだよ。

そんな感じで昨日の夜、友達と電話してたら
「あんたは“迷惑”だって思いすぎてる。
 もう少し、気楽に考えればいいじゃん。
 親ほど想ってくれる人はいないし、血のつながりほど怖いものはないんだって」
と、こんな感じのことを言われ、いい友達をもったなぁと改めて思いました。
父親にもあんまり自分を責めるなとも言われました。
学生を卒業してから、就職して。
社会人としての自覚を求められるようになってからずっと、“自殺”というのが頭の片隅から離れられずにいました。
生命保険もいつ自殺してもいいように入ったようなもので。
実際に、車と一緒に無くなってしまえたらと思ってハンドル切らなかったこともある。
現実は、ゲームみたいにはいかなくて車だけお釈迦にしてしまったけど…。
今でも、死にたい。
死んで詫びたい。
迷惑かけないように…。
でも、それは、怒られたけど見放さないでくれて赦してくれた二人に申し訳が立たないから。
死にたいのに死ねないって残酷だよね。
けれど、それが私の責務だと思うから。
自立なんてまだ当分出来そうもないけど…。
これが乗り越えられたら、出来るようになるのかな…?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
カウンター
バーコード
アクセス解析
プロフィール
HN:
りぃ。
HP:
性別:
非公開
Photo by 音信不通
忍者ブログ [PR]